インプラントの価格をチェック

インプラントで体内からキレイになるための価格

おすすめの大腸の内視鏡情報で気軽に大腸検査。

大腸の内視鏡検査といえば、苦しいとか痛いとかそんなイメージが強く、検査を受けた人たちからの体験談を聞けばあまりいい感想は聞けないのが現状でした。しかしどんどん医療も進歩し、どうやら私のしっている大腸の内視鏡の検査とは違うようなのです。今までは、無縁と思っていた私ですが、年齢的にもそろそろ本気で検査を考えてみようと思うようになりました。大腸の内視鏡は、大腸ポリープの発見によりガン予防にもなり、ガンが見つかったとしても、早期に見つけることができるものです。ポリープは前がんの病変であることが多いらしくて、その中でも腺腫というものが多いらしく、切除が予防につながるそうです。だいたいが大腸ガンは、大腸の内視鏡で見つけるみたいです。こう見てるとますます、ちゃんと検査を受けなきゃと思うようになりました。まだまだ元気でいたいですし。

それでも、大腸の内視鏡のイメージってなかなか頭から離れず、今時の大腸の内視鏡の情報を手に入れたのですが、まず、私の大きなイメージだった、痛い、苦しいというのは、最新の大腸の内視鏡にはあまりないようです。そこからして、怖がりの私には嬉しい情報でした。そして、不安だった部分の一つに、なぜ痛み、苦しさがでないのかという部分でしたが、私がみたある病院のサイトの大腸カメラの内視鏡の説明によると、痛苦しくならないために、点滴で浅い麻酔をかけてくれるようです。安全のために、検査をしてからの麻酔なので、とても安心して検査を受けられます。痛さも怖いけど、やはり、麻酔があるというだけで、気持ちも強くもてるんじゃないのかなと思います。それと食事制限についても、私は少し心配でした。

実は、検査を受けたことはなかったのですが、まだ学生のころ、原因不明の下痢に悩まされ通院した経験がありまして、その時に進められたのは、大腸の内視鏡検査でした。結局、怖くなり受けなかったのですが、当時、大腸の内視鏡を受ける方が説明を受けてるのを聞いてたことがあったのですが、食事制限が厳しそうなイメージでした。しかし、今は、苦しい検査にならないように、事細かなアドバイスなんかもあるようです。たとえば、粒や種のあるものを食べてはいけないとか、水は多めにとるとか。前日の食事は軽くとってもいいですし、固形物とかは消化に悪いからか、ゼリーや飲み物で前日過すと、検査前に飲む、下剤が半分で済んだりするとか。この下剤がとても辛いという話を聞いたことがあったので、それが軽減されるなんて嬉しいですよね。これで、私も安心して大腸の内視鏡を受けれると思います。おすすめの大腸の内視鏡情報でした。

Written by admin

11月 26th, 2012 at 5:54 pm

Posted in