インプラントの価格をチェック

インプラントで体内からキレイになるための価格

ロタウィルスの予防接種について

ロタウィルスとは胃腸炎を起こすウィルスです。胃腸炎の原因ウィルスとして最も有名なのはノロウィルスですが、乳幼児に関して言えばロタウィルスが一番の胃腸炎の原因ウィルスです。このウィルスはありふれたウィルスの為、感染頻度も高く、5歳までに95%の子供が一度は感染すると言われており、重症になりやすいことで知られています。症状は下痢や嘔吐、脱水症状などで、脳炎や脳症を起こしてしまう場合もあります。感染力がとても強く、基本的には治療法がないとも言える為、ワクチンによる予防がとても重要なのです。今現在接種出来るワクチンは二種類あり、二回接種のものと三回接種のものがあります。それぞれ接種期限がある為、余裕を持ってスケジュールを組むことをオススメします。またロタワクチンを接種する場合は他ワクチンとの同時接種は必須ですので、それを前提に考えるようにご注意ください。

ロタワクチンの重要性について

ロタは高熱が2~3日続き、嘔吐・下痢の症状が出ます。とてもつらい症状が続き、さらに重症化する場合もあります。5歳未満の小児の死亡原因にもなりやすい病気です。重症化すると大変な病気のため、WHOはワクチン接種を推奨しています。ロタウイルスワクチンはすでに多くの国で乳幼児の定期予防接種に組み込まれています。ロタワクチンは経口接種のワクチンのため、口から飲むことによって体内にワクチンを入れます。このワクチンは生ワクチンで、ウイルスの毒性を減らしたワクチンなので小さい赤ちゃんでも大丈夫といえるでしょう。ワクチンの種類によって異なりますが接種は生後6カ月ごろまでには終わらせることが望まれています。また、保育園等の集団生活を考えている方は特に接種をおすすめします。一度集団の一人が感染してしまうと一気に広がってしまうため、重症化を防ぐためにも接種は積極的にしていきましょう。このように小児にとって危険な病気なので予防のためにも接種を検討している方は是非接種してください。

ロタウイルスの症状とワクチンについて。

ロタとは、ロタウイルスによるウイルス性胃腸炎のことで、乳幼児にかかりやすい病気のひとつです。乳幼児がかかると重症化しやすいですので、ワクチンの予防接種を推奨する小児病院もあります。このウイルスに感染すると嘔吐下痢や腹痛、そして発熱といった症状が起きます。乳幼児が感染したら悪化すると熱性痙攣や嘔吐下痢による脱水症状を引き起こすこともありますので水分補給など十分な注意が必要です。このウイルスに感染した場合は対抗する有効な治療薬がないため、まずは感染を防ぐための予防が大切になります。予防は、ワクチン接種をすることです。ワクチンの接種は生後6週以降から可能で、1ヶ月の期間をあけて2回接種するものと3回接種するものがありますので、かかりつけの病院でどちらを選択するのか担当のお医者様に聞きながら決めると良いです。この予防接種は定期接種と呼ばれる、必ず受けなければならない予防接種とは違い希望により任意で行うものですので、希望する方はかかりつけ医と相談し接種日程を組むことが必要です。

Written by admin

12月 5th, 2014 at 4:01 pm

Posted in