インプラントの価格をチェック

インプラントで体内からキレイになるための価格

新しい大腸の内視鏡は、痛くありません。

新しい大腸の内視鏡は以前と違い痛みがほとんどありません。時間も15分から20分で終わります。ポリープが見つかると切除します。今までの内視鏡は、13ミリから15ミリくらいあったのですが、新しいのは、11ミリです。入れる方法も今までのように無理に入れることなく自然に入っていくようになっています。そのために痛みが無く、時間も掛からなくなっています。大腸の洗浄も自宅でできるために病院では内視鏡を入れて検査するだけです。内視鏡に付いているカメラも性能が良く拡大して見ることができるために、どんな変化も見逃すことは有りません。間違って大腸を突き破るような事は、一切有りません。以前はたまにあったようです。今まで内視鏡で痛さを感じるのは、大腸が伸ばされることで起きています。他には大腸に空気を入れることで起きていました。新しい内視鏡はそれらの問題を解決しています。軸保持短縮法という痛くない方法を取っています。痛みが心配な人には麻酔をかけることも有ります。内視鏡の画像は、高感度のカメラを使いますので、鮮明に写ります。そのために小さなポリープも見逃しません。大きなポリープが見つかったときは、内視鏡では切ることができませんの、後日色々と方法を考えていきます。内視鏡の検査方法は、前日までに大腸内をきれいにして水と洗浄液以外は口にしません。当日は、肛門から内視鏡を入れて検査します。ポリープが有ると時間が10分くらい長くなります。終わったら写真を見ながら説明を受けます。その後は、食事は2,3日楽な食事にします。検査後一週間位はアルコールやタバコは控えめです。それ以外には注意することは有りません。簡単な検査です。大腸がんは早期発見だと確実に治りますので、毎年受けたほうが良いです。遅いと手遅れになることも有ります。費用は検査と組織検査で2万円くらいです。ポリープ切断は2万円くらいです。費用的にはあまり負担になることは有りません。大腸の内視鏡の検査は出来るだけ新しい機器の有るところで受けたほうが良いです。どんなにいい医師が居ても機器が古いとかなりの痛みを生じます。検査結果に間違いが起きることもあります。新しい機器は鮮明に映るために間違うことは無いです。今の時代は、機器の新しさが医療にかなり影響してくる時代です。失敗のないように新しい機器のある病院を選んでいったほうが良いです。そのほうがあらゆる面でも有利に働きます。

Written by admin

12月 26th, 2013 at 9:02 pm

Posted in